”国を超えてアジアを繋ぐ「ASIAN HIGHWAY」のように日本からアジアのヒップホップが繋がり、世界に日本のヒップホップを発信して行く道標となることをイメージし決定いたしました”

”AH1”

というイベント名は、アジア32カ国を横断する現代のシルクロードを目指して計画されているアジアハイウェイの路線の1つであるアジアハイウェイ1号線(AH1)が日本の東京を起点とし、韓国、北朝鮮、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インド、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタン、イランを経由してトルコまでを繋いでいる事から、我々もこの国を超えてアジアを繋ぐ「ASIAN HIGHWAY」のように日本からアジアのヒップホップが繋がり、世界に日本のヒップホップを発信して行く道標となることをイメージし決定いたしました。

 

■アジアハイウェイ1号線とは?
アジアハイウェイ1号線 (アジアハイウェイ1ごうせん )は、アジアハイウェイの路線の一つであり総延長は20,557kmで、アジアハイウェイの中で最も長い路線である。日本の東京日本橋を起点とし、韓国、北朝鮮、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インド、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタン、イランを経由してトルコとブルガリアとの国境付近の終点に至る幹線道路の事。( wikipedia参照 )

■Asian Highway Network
アジアハイウェイ(Asian Highway Network)とは、アジア32カ国を横断する全長14.1万kmにわたる幹線道路網。主に既存の道路網を活用し、現代のシルクロードを目指して計画されているものである。トルコからは欧州自動車道路に接続する。英語での略称はAH。国際連合アジア太平洋経済社会委員会が運営事務局をつとめている。日本国内には唯一1号線(AH1)が通過しており、全長は1,108kmである。( wikipedia参照 )